上司を泊めさせた女性社員は苦い結末を迎えた

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


プレゼンテーションのため残業していた新妻のサトシは、仕事終わりにマリンのコーヒーでほぼ満腹になっていた。招待状を持ってマリンの家に来ました。先輩、会社の近くで着替えませんか?その美しい体と部屋着姿の冷たい無防備な姿にサトシの視線は釘付けになり、終電を逃してしまう。ノーメイク、ノーパン、ノーブラ。脳が刺激されて一晩中夢中になっていました。