APNS-313 私たちの愛するインターン教師

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


ある日、教師の真理は、夫と哲学教師とともに、担任クラスの不登校生徒・勇吾の家を訪ねてきた。問題行動を理由に学校は勇吾を放棄したが、抗議を押し切って自宅を訪問した。しかし、勇吾はマリを迎え入れるやいなや、マリと哲学に睡眠薬入りのお茶を飲ませ、マリを哲学の目の前で気絶させた。途中、ヤクザの父親であるサトシが配下のチンピラたちとともに登場し、三人で舞踏会の周りを回る。